自由度が高い

トランプ

せっかく高いお金を出して購入するからには、徹底的に細部にこだわったオーダーメイドの住宅を建設したいと考える人は少なくありません。
自分の頭の中で考える設計図を実際に形にできるオーダーメイドの住まいなら注文住宅が最も最適な選択となります。
注文住宅は自由設計を基本としており、規格型住宅と違って梁や柱の一本から自分の希望を取り入れてもらうことができます。
間取りももちろん自由に設計できますし、太陽光発電や床暖房、オートバスなど住宅設備に関しても自由に導入可能です。
またオーダーメイドは外構部も当然可能で、こだわりのガーデンや外壁、ポーチなども施工できます。
このように住宅やその外構まで様々な点で依頼主の希望を実現できるのが注文住宅の最大の特徴となります。

一口に注文住宅と言っても、実は取り扱う会社によってかなり違いがあります。
そのため同じプランを複数の会社に提示しても違った施工になります。
その違いを生んでいるのが各会社の注文住宅に対する取り組みや取り扱っている建材、依頼をしている下請け業者の技術力などです。
取り扱う会社は大きく分けて建築設計事務所とハウスメーカー、そして工務店となります。
このうち建築設計事務所は建築士が設計を行い、それを他の工務店や大工に依頼をして建築をしてもらいます。
センスの良い建築家に頼めれば、デザインなどでこだわりを極めた住宅を手に入れることができます。
ハウスメーカーは材料の共通化などによってコストダウンを図っており、価格や保証面で優れています。
工務店は地元の風土に合わせた設計施工を得意としています。

Copyright(c) 宝塚市に住むマダムが選ぶ注文住宅のすべて